専業主婦の即日審査のポイントは?

主婦といっても2種類の主婦がいます。
パートをしている主婦と、専業主婦です。
パートをしている主婦は、キャッシングでお金を借りる際は主婦ではなく自身に収入がある主婦ということで一般の方と何も変わりませんが、専業主婦の場合は自身に収入がないため、キャッシングの契約をすることができません。
なぜかというと、自身に収入のない場合はお金を貸すことができないという法律があるからなんですね。

 

では、専業主婦は全くお金を借りることができないのか?

 

そんなことはありません。
専業主婦は、消費者金融ではなく銀行カードローンであればお金を借りることができます。
当サイトでは、専業主婦でお金を借りることができる方法について詳しく紹介いたします。

 

専業主婦はまず銀行カードローンから


専業主婦がお金を借りることができない理由として、「自身に収入がない人にお金を貸すことができない」と法律で定められています。
この法律は、金融業に対して適用される法律なので、銀行には適用されません。
だからこそ、自身に収入のない専業主婦は銀行カードローンをオススメします。

 

銀行カードローンで専業主婦がお金を借りることができる理由は、配偶者に安定した収入があるから。
つまり旦那がしっかり仕事をしていれば、契約することができるんです。

 

ただし、配偶者の同意書が必要。旦那の許可がいるっていうことですね。

 

しかし、全員が全員、旦那に許可をもらってお金を借りる人ばかりではありません。
できるだけ旦那にバレないように契約したいと思っている方は、配偶者の同意書が不要な銀行カードローンを選ばなければなりません。
一例として、以下の銀行は本人の身分証明書のみでキャッシングが可能です。

  • ・イオン銀行
  • ・楽天銀行
  • ・三菱東京UFJ銀行
  • ・みずほ銀行

銀行カードローンは、比較的専業主婦に寛容なので、夫の同意書がなくてもお金を借りることができるところが多いです。
ただし、借りることができる金額は少しダウンすると思いますが、そのあたりは最初にチェックしておいてくださいね。

 

即日審査の基準は?

専業主婦の審査に必要な情報は、

・生年月日
・年収(0円)
・住宅ローン以外の借入状況

この3点になります。
つまりほぼ、自身の身分証明書のみでOK。
そして、申込書や聞かれた内容には正直に答えるようにしておけば問題ありません。
旦那の会社に在籍確認の電話が行ったり、自宅に契約書などが送られて来ることもありません。
不安な方もたくさんいると思いますが、その場合は最初に契約する際に旦那にバレないように借りたいということを前もって伝えておくようにしましょう。

 

限度額は30万円程度が多い

専業主婦は自身に収入がないため、限度額が10万円くらいのところから、30万円くらいまでの場合が多いです。
中には大きな金額を貸してくれる場合もありますが、旦那の同意書が必要な場合がほとんどだと思います。
専業主婦の方で、大きな金額を借りたい場合は旦那に相談するか、もしくはパートなどをして自身に収入があるようにすれば、自分の名義でお金を借りることができるようになります。

 

専業主婦がキャッシングをするためのポイントは、銀行カードローンで主婦向けのカードローンを利用すること。
イオンなどは明らかに男性サラリーマンよりも主婦に向けたカードローンであることがわかりますよね。
そういった、主婦層をターゲットにしたカードローンであれば、旦那にバレずに借りることが比較的容易にできると思います。
最近では、そういった専業主婦向けのカードローンも増えて来ていますので、目についたカードローンはまずは公式サイトなどで自己診断をしてみてくださいね。